--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
写真をクリックすると、より大きな画像を見ることができます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連ブログのリンクへスポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2005/12/03(土)
『クリスマスツリーのイルミネーションライトの飾り付け』
写真をクリックすると、より大きな画像を見ることができます。
ロハス

クリスマスツリーに電飾を取り付けました。

清里「萌木の村」のクリスマス屋さん(11/18)

上記、ブログのように、「萌木の村」のクリスマス屋さんで、クリスマスツリーへのイルミネーションライトの飾り付け方を教えてもらいました。
こつは、以下の通りです。

ライトは、枝に上から引っ掛けるのではなく、枝の付け根から、枝に沿って取り付ける。
その際、針金入りのビニールタイ(ねじりっこ)を使って、ライトのコードと枝とを結びつけると良い。

ツリーの幹は、いくつかに分割できるはずだが、一度付けたライトは外さず、幹だけ分割して、ライトを付けたまま、来年まで箱にしまう。

ということを教えてもらいました。

ロハス

そこで、100円ショップで買ってあったビニールタイを使って、ライトと枝を結びつけました。
このビニールタイは園芸用に買ってあったので緑色。
ツリーの葉の色と同色なので、ライトのコードに結びつけても、全く目立ちません。

ツリーの高さは2m10cm。
イルミネーションライトは100球のものが2本。

ツリーの幹は3分割できるので、一番下の枝に100球、上の2本に合わせて100球使うことにしました。
それによって、ツリーをしまう時に、ライトのコードとツリーを同じところで、分割することができます。

そして、枝の数を数え、100球をどのように配分して取り付けるかを計算します。
これを怠ると、きっと満遍なく、ツリーの枝の中まで、ライトを行き渡らせることは、できなかったでしょう。

ロハス

ライトを枝に沿って取り付けたこと、そして同色のビニールタイを使ったことで、コードが目立たないツリーを作ることができました。
しかも、ライトは枝の中まで、そして上から下までツリーの中で光っています。

ちなみに、ここまでかかった費用は、
・ヌードツリー210cm:4000円
(近所のホビー屋さんで売っていました)

・100球イルミネーションライトx2:400円x2
(近所のインテリア屋さんで見つけました。去年の在庫の残りだそうです。)

・園芸用ビニールタイ:100円

の以上です。

明日は、真紀さんにオーナメントを取り付けてもらいます。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。