FC2ブログ
--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
写真をクリックすると、より大きな画像を見ることができます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連ブログのリンクへスポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/03/31(金)
『身延のしだれ桜』
写真をクリックすると、より大きな画像を見ることができます。
ロハス

東京都心の桜は、満開の模様。
でも、都心に行くと、人は多いし、疲れるからな~。
そう思って、ネットで桜の開花状況を眺めていると、山梨県身延の桜が七部咲きとのこと。
しかも、久遠寺には、樹齢400年の桜があるらしい。
日の出前の高速道路を、山梨に向けて、出発しました。

朝7時頃、身延に到着。
西谷の「せいしん駐車場」という所に車を止めました。
収容は130台ということですが、朝9時頃には、すでに満車で、麓まで渋滞が続いていました。
桜のピーク時には、ご注意を。
この駐車場に車を止めると、久遠寺のしだれ桜には、さほど登らずに歩いてたどり着くことができます。

久遠寺のしだれ桜は、風格がありました。

そのうちの一本を、近づいて撮影しようと、周りを見回しても、その木を撮影しているカメラマンはいなさそうです。
そこで、木のすぐ近くから、アングルを変え、露出を変え、何枚も撮影していたら、フイルムの交換となりました。
すると、そのとき、肩をとんとんと叩かれ、撮影が終わったら、退いてほしいとのこと。
後ろを振り向くと、何人ものカメラマンの方がレンズをこちらに向けていました。
撮影に夢中になっているうちに、他のカメラマンの邪魔になっていたようです。

久遠寺では、たくさんのカメラマンの方が、撮影を行っていました。

ロハス

久遠寺だけでなく、その西の坂沿いにある西谷という所には、たくさんのお寺が並んでおり、しかもそれぞれのお寺が競うように、大きなしだれ桜を持っています。
久遠寺よりも、西谷の方が、身延らしい桜を堪能できたような気がします。

久遠寺の三門まで下りると、観光案内所があり、そこで、久遠寺以外の桜の名所を教えてもらいました。
歩いて行けるかと、尋ねたところ、ちょっと遠いとのこと。
そこで、昼食後、再び西谷の桜を眺めながら、駐車場まで登り、久遠寺を後にしました。

ロハス

鏡円坊というお寺にも、立派なしだれ桜がありました。
お寺の背後の山に、桜が輝いていました。

ロハス

大野山本能寺の裏手にも、立派なしだれ桜があります。
背後の竹林の緑の中に、一本だけの大きなしだれ桜が、満開の花を咲かせていました。

ロハス

最後に、円実寺を訪ねました。
竹林と桜という、日本らしい風景を見ることができました。

今回、いくつかのお寺の桜を見ることができましたが、街には、まだまだたくさんの美しい桜があるそうです。
また、他にも山桜のきれいな所もありました。

今度は、もっとゆっくりと街を散策したいな、と思いました。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。