FC2ブログ
--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
写真をクリックすると、より大きな画像を見ることができます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連ブログのリンクへスポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/07/08(土)
『つるつる温泉と機関車バス』
写真をクリックすると、より大きな画像を見ることができます。
ロハス

真紀さんの実家の近くにある「つるつる温泉」という温泉に行きました。

目的は二つ。
一つは、瑞雪の出産以来、ずっと温泉にも行ってなかった、真紀さんの骨休め。
そして、もう一つは、恒太の大好きなバスに乗るためです。

つるつる温泉には、赤色と青色の2台の蒸気機関車型バスが、送迎を行っているのです。

このバスは、幼児用の「のりものビデオ」にも出てきますし、恒太は、チョロキューも持っています。
つまり、恒太にとっては憧れの存在なのです。
ロハス

赤いバスが、やってきました。
恒太は、大はしゃぎです。 お客さんは私たちだけ。 恒太は、一番前の席に座ります。
でも、車内は揺れも大きいせいか、走行中は、ずっと、おとなしくしていました。

私たちを温泉で降ろし、バスが見えなくなるまで、恒太はずっとバスに手を振り続けていました。

半年以上、行ってなかった温泉ですが、恒太は嫌がらずに入りました。
少々熱いかな、と思ったお湯も大丈夫です。
「ぽんぽん、つるつるする」
と言って、肌を触っています。
この温泉の泉質は、肌をつるつる、にするのです。

帰りも蒸気機関車のバスです。恒太は、もちろん大喜び。

真紀さんが、バスの中から、アジサイのきれいな場所を見つけました。
ロハス

バスを降りた後、早速、見に行きます。
小川沿いにいろいろな色、いろいろな種類のアジサイが咲いていました。

おじいちゃん、おばあちゃんの家に行くと、

「こうた、あかい、きしゃぽっぽバス、のった!」

何度も嬉しそうに、話していました。

スポンサーサイト
2006/05/05(金)
『端午の節句』
写真をクリックすると、より大きな画像を見ることができます。
ロハス

恒太も3回目の端午の節句です。

おじいちゃんに、もらった鯉のぼりが空を泳いでいます。

車に乗っていても、街で鯉のぼりを見つけると、

「こいもぼり!」

と叫びます。

また、鯉のぼりの歌も歌えるようになりました。
一緒に歌ってあげると、大喜びです。

ロハス

食卓の横に、兜の段飾りを飾りました。

これは、私のおさがりです。
長崎の実家から、やってきました。

弟と虎の置き物で遊んだような気がします。

恒太も、鯉のぼりや兜に、思い出を作っていくのでしょうか。



2006/04/22(土)
『一面の黄色いタンポポ』
写真をクリックすると、より大きな画像を見ることができます。
ロハス

自宅のベランダから見ると、近所の空き地が、一面黄色になっています。
タンポポです。

様子を見に、恒太とお散歩してきました。

ロハス

空き地には、びっしりと黄色いタンポポが、咲いていました。

恒太も「たんぽぽ」という単語を憶えたようです。
「たんぽぽ、いっぱ~い!」
と、叫んでいます。

ロハス

空き地の端では、ありが行列を作っていました。

「♪あんまり、急いで、こっつんこ~」

恒太と歌いながら、ありの行列を眺めていました。



2006/04/03(月)
『窓いっぱいの桜』
写真をクリックすると、より大きな画像を見ることができます。
ロハス

今年も、わが家にも桜の季節がやってきました。

と言っても、自分の家でなく、2軒隣のお宅の桜の木です。
いわゆる借景です。

ロハス

恒太も、「さくら」という言葉を憶えました。

ロハス

その桜は、ダイニング横の窓の前にあり、朝食をいただきながら、顔を横に向けると、窓いっぱいの桜が、朝日に輝いています。


2006/03/27(月)
『バスと電車のおでかけ』
写真をクリックすると、より大きな画像を見ることができます。
ロハス

今日、恒太は生まれて初めての、バスと電車でのおでかけです。

恒太は、バスが大好きです。
家のすぐ近くに、バスの折り返し場があり、恒太はいつもお散歩や、家の2階からバスを眺めていました。

「今日は、バスと電車に乗るよ!」
「やった~!」

昨日は、私だけPIEに出かけてしまいましたが、恒太もお出かけをしたかったようで、

「こうた、いく~!」

と叫んで泣いていました。
だから、今日は大喜びです。

いつもは、バス停のベンチに座って、バスにバイバイするだけなのに、今日は、いつも乗っちゃダメと言われる、あのドアから乗ることができます。
バス停で待っている周りの人も、はしゃぐ恒太を振り返ります。

ちょうど窓際に座ることができ、見送りに来ていた真紀さんと瑞雪に、恒太は元気よく、バイバイします。
プシュー!

バスが動き出しました。

ロハス

予想に反して、恒太はお行儀よく、いすに座っていました。

途中、「かわ!(川)」と言ったり、バスが動き出すと「あお~(青信号)」と叫びながら、目を輝かせて、窓の外を眺めていました。

バスにバイバイすると、恒太を皮膚科へ連れて行きます。
やはり、病院はきらいなので、診察室に入ると、恒太は泣き出してしまいました。

でも、「次は電車に乗るよ」と言うと、機嫌は直ります。

ちょっと、用事で3つ離れた駅まで。

恒太は、電車も大好きです。
目を離すと、電車に突進しかねないので、ホームでしっかりと恒太を捕まえておきます。
「あっちから来るよ。」
「きた~!」

ロハス


電車にも座ることができました。
くつを脱がせて、いすに立ち上がっても大丈夫なようにしても、恒太は私にしがみついて、座ったままです。
「川が見えるよ」と言っても、ちょっと振り返るだけで、窓の外を見ようとはしません。

どうやら、電車の音や振動が怖いようです。
出発前の喜びようからすると、私の方が期待外れでした。

帰りも、もう一度、電車とバスに乗りました。

家に帰ると、真っ先におもちゃ箱から、中央線のオレンジ色のプラレールを取り出して、遊んでいました。

今度は、お母さんとみーちゃんも、一緒に電車に乗ろうね!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。